*

ペット可能マンションで気をつける事

公開日: : 京都市左京区の地域別物件

ペット可マンションの注意項目

 

ペット可マンションはペットの飼育がマンションの管理規約で認められているマンションのことで、これまでのマンションと違い、ペットと一緒に住みたいという人のニーズに応えたマンションといえます。

従来のマンションは、ペットと買うことに対して原則禁止でした。もしもこっそりペットを飼ったりしたら、それが原因でトラブルが起きることもあって、ペットとすみたいという人はペットを飼うのをあきらめなければなりませんでした。

 

ペット可のマンションはペットの飼育が正式に認められているため、そんな心配なくペットと一緒に住むことができます。犬や猫などのメジャーなペットなら問題なく飼うことができるので、ペットと住みたいという人に京都でも人気があります。

近隣住民への騒音

しかし、ペットと一緒に住むことが正式に認められたと言っても、やはり近所の人に対する配慮は必要で、例えば、ペットの声がいつもうるさいということなどは気をつけなければなりません。きちんとほえないしつけをしてできるだけ静かに過ごさせるということはマナーです。

京都のペット可マンションでも、建物の外にペット専用の足洗い場を設けられたり、他のペットといっしょに遊べる共有のスペースなども用意されているところがあり、共有スペースできちんと振る舞えるようにしつけを行っておくことも京都のペットと住めるマンションで気をつけることの一つです。

部屋内のひっ掻き傷

また、室内にはペット専用トイレのスペースが設けられていたり、床や壁などにはペットが引っ掻いても傷や汚れが付きにくい素材が使用されているところもあり、ペットと住むという前提で内装が施されていたりします。

そうはいっても、ペットがすることだからいいだろうということで、ペットに自由に行動させていたら、壁や床が傷だらけになってしまいます。そうなると、住んでいてもあまり快適に住めないのではないでしょうか。そのため、やはりきちんとしつけをしたり、引っ掻いてもいいものを別に購入してペットに与えるということも大切なことだといえます。また、そのことが、退去時などの敷金返還などに影響することもあるかもしれないのです。

散歩時のマナー

また、犬などのペットを散歩に連れていく時も飼い主として気をつけなければならないこともあるのです。犬はどうしても散歩中に縄張りなどを意識してトイレをしてしまうことがあります。そんな時の対処も大切です。特に共有スペースなどでそのような行動が見られたりすると飼い主はきちんと対処をしていかなければならないでしょう。お互いに気持ちよく住めるように配慮することが京都のペットと住めるマンションでも大切です。

ペット可の賃貸物件はペットと一緒に住めるというメリットがある物件です。まだまだ一部の物件といわれていますが、ペットも快適に暮らせるように部屋に工夫がなされていたりして、ペットを家族の一員として飼いながら生活している人にとって最適な環境が整っているともいえます。

ペット可物件の賃料

ただ、ペット可物件は一般の賃貸物件に比べると家賃は高めで、ペット敷金やペット礼金などが設定されているところもあります。京都でもペットが不可という物件よりも高いという傾向もありますので、物件を選ぶ時にはできるだけいい物件を選びたいですよね。

では、ペット可の物件を探す時には、どんなことを基準にして選べばいいのでしょうか?そこで、京都のペットと住めるマンションで気をつける事として、京都でペットと住めるマンションを探す時の注意点についてご紹介してみたいと思います。

ペットと一緒に暮らすには

まず、ペット可の物件を探す時には、ペットがストレスなく過ごせるように環境が整っているのかという点は重要なポイントです。飼い主がペットといっしょに意義のある時間を過ごせるかどうかや近くにもしもの時にすぐに駆けつけられる動物病院があるのかどうかなどはとても大切な要素です。また、散歩コースに危険な場所はないかどうか、車どおりがあまりに多すぎてペットにとって危険ということなどはないかどうかといった点などもポイントとして挙げられます。

マンションの内部については、犬や猫によって傷がつきにくい床素材などが用いられているのかやコンセントの位置はどうかなどはチェックポイントといえます。特に猫を飼う場合、猫は壁をよく引っ掻く性質があるので、京都でも傷が目立ちやすい新築物件は避ける方が無難です。最初に支払う敷金などは、例えペット可能な物件でも、あまりに壁や床が傷ついた状態になってしまうと、返ってこないどころか、上乗せで何十万円もの原状回復費を請求された人もいるそうです。部屋を選ぶ基準は、飼い主の方が犬を飼うのか猫を飼うかによって違ってきます。大きいポイントは予算ということは間違いはないといえますが、できるだけペットに合った物件を見つけるようにしましょう。

基本的にペットを飼う時には高層階は危険だといわれます。いろんな理由で窓を開けることがありますが高層階に住んでいると偶然ベランダに出た動物が飛び出した際、落下してしまうという危険性があります。ペットと一緒に住むのであれば京都でも1~3階くらいがいいのではないかといえます。

このように、京都でペットと住めるマンションで気をつける事として、物件探しの注意点についてご紹介をしました。

関連記事

上京区の画像

上京区

上京区の特徴 京都市の最中心部に位置するのが上京区。平安時代には貴族の街であったことから、現在でも

記事を読む

左京区の空撮画像

左京区

左京区の特徴 観光客で賑わう銀閣寺や平安神宮等、神社仏閣の多い左京区。 住居専用地域として高

記事を読む

no image

キッチン周りのリノベーションに掛かる費用は?

30歳で初めてマンションを購入して、40歳までの10年間、買い替えを3回繰り返し、みんな買った額より

記事を読む

no image

良く部屋探して聞くわけあり物件とは?

部屋を探す上で、賃貸でたまに聞く事があるわけあり物件ですが、多くの人がわけあり物件とは?しっかり理解

記事を読む

no image

京都は特別、地域と気候を必ず下調べをしてから購入を。

家を購入するときには、いろいろ気をつけることはたくさんありますが、特に京都だからこそ気をつけなければ

記事を読む

no image

部屋を借りる際にお得に出費を押さえる方法

部屋を借りて引越しをする時には、初期費用がかかります。 この初期費用はなるべく安く済ませたいもので

記事を読む

Hushimi

京都で初めて住む方におすすめ 伏見エリア

京都初心者にすすめる伏見エリア 始めて京都で住まいを探す人は、京都駅近辺や四条河原町など、京都の中

記事を読む

北区の画像

北区

北区の特徴 京都市を構成する11区のひとつである北区。北部は山間地ですが、残りの平野部は住宅地を中

記事を読む

no image

単身の人が住み易い環境は?サービスを比較!

規模の大きな会社に勤めている場合、転勤を命ぜられることがしばしばあります。 妻子と一緒に赴任先に引

記事を読む

中京区

中京区

中京区の特徴 オフィス街や京都市役所、京都文化博物館に二条城と、京都の経済・文化の中心部として機能

記事を読む

no image
単身の人が住み易い環境は?サービスを比較!

規模の大きな会社に勤めている場合、転勤を命ぜられることがしばしばありま

no image
契約時に渡される重要事項説明書とは?

不動産を買う際には売買契約を、借りる際には賃貸借契約をする必要がありま

no image
良く部屋探して聞くわけあり物件とは?

部屋を探す上で、賃貸でたまに聞く事があるわけあり物件ですが、多くの人が

no image
賃貸で良く聞く管理物件ってなに?

季節の節目などは引越などが多くなり、不動産屋も忙しくなる時期です。特に

no image
仲介手数料を無料にするには交渉が大事

賃貸物件を借りる際には、不動産会社に仲介手数料を支払うことが一般的とな

→もっと見る

PAGE TOP ↑