*

京都で初めて住む方におすすめ 伏見エリア

公開日: : 京都市左京区の地域別物件

京都初心者にすすめる伏見エリア

始めて京都で住まいを探す人は、京都駅近辺や四条河原町など、京都の中心から近いところで部屋を探します。

それは別に間違いではありませんが、京都にはもっとおすすめ出るエリアがあります。

それが伏見エリアです。

なぜ伏見エリアが住みやすいのか?

京都の住まい探しといえば伏見と言っても過言ではないほど、この伏見は住みよい街です。

なぜ伏見が住みよい街だと言えるのか、その理由はいくつもありますが、

その理由の中でもっとも大きいのは京都市中心部に比べて家賃が安いことです。

 

京都市の中京や下京など、京都市中心部の近くに比べると、13万円ほど家賃が安いのであまりお金をかけずに住むことができます。

お金をかけずに住めても不便なところでは意味がない、そう思われる方もいるでしょう。

 

ですが、この伏見エリアは昔から京都と大阪を結ぶ交通の要所だったこともあり、交通の便が非常にいいです。

京阪、近鉄、JR、さらに場所によっては地下鉄が通っているので、車がなくてもどこかへ行くのに不便を感じることがありません。

電車を使えば京都の中心部まで30分ほどで、そして大阪の中心部まで1時間ほどで行くことができるので、通勤、通学の面でも便利です。

なので、京都の住まい探しをするなら、この伏見を選ぶことをおめします。

 

ちなみに伏見エリアといっても、外国人に人の伏見荷大社があるあたりから、

大きな競馬レースが行われる京都競馬場があるあたりまで含まれるのでかなり広いです。

 

基本的に、どこに住んでもそれなりに便利なのですが、その中でもどこが一番便利なのでしょうか。

 

伏見エリアのもっともおすすめ伏見桃山駅

伏見エリアでもっともおすすめの場所といえば、京阪の伏見桃山駅があるあたりです。

この辺には、伏見エリア最大の商店街である大手筋がありますので、買い物をするのに非常に便利ですし、

近くに伏見役所や伏見書館があるので、住民票などを取りに行ったり本を借りたりすることも出ます。

 

その上家賃も高くないので、お金にあまり余裕がなくても住むことができます。

場所にもよりますが、特に治安がいわけでもないのでその点でも安心です。

 

なので、特にこだわりがないなら、京阪の伏見桃山駅があるあたりから丹波橋駅があるあたりにかけて家を探してみるといいでしょう。

このエリア以外にも、伏見エリアには深草や山科など色々な場所があります。

伏見は京都市の中でもかなり広いエリアなので、探せば色々な物件があります。

だから、京都に住むなら伏見桃山を中心に、伏見エリアを探してみるといいでしょう。

 

実際に部屋探し

 

元々私の家は京都ですが、といっても、京都の端の端の方で、ほぼ他の山と接している所でした。

バスや電車を使って3040分ほどで市内にも行ける距だったので、市内の境もよく知っていました。

昨年婚をに一家を入。家を入しようとめてから半年以上も学や下に足をびました。

まず1番最初にになった所は、大手の建会社の作っている分住宅でした。

 

がおしゃれで、分ということで同世代の人も多いらしく、住み始めて周りと染めないということがさそうという理由からです。

ただ、ここで出てきた問題とても狭いわりに段が高い のです。京都は(特に市内に行けば行くほど)夫も田の出身だったので、の家との距が何センチとしかなく、「けたらコンニチハ」の状でした。

次は新に拘らず、中古物件でめの所を探そうということになりました。

 

いくつもの中古物件をて、がアパトであったり、防犯上危ない造になっていたりと、だけ中古でりに出ているとなると、周辺環境がかなりになってきます。

やっとさや周辺環境もに入った中古物件があり、年数もそんなにっていないのに段もすごく手だったのですが

 

仲介が暴力わりのある者でした。(私の仕事で不動産にも少しわっていたので、不動産業者にしい先からきました)

完璧な家なんてないということで半ばめかけていた所、夫が市内から少しはずれた所の分物件をつけてきました。

築業者は有名ではないですが、年地元密着で頑張っている会社のようでした。くと、建士も外注ではなく会社の人で成されているし、建途中のお家を学させてもらいましたが、柱もしっかりしていてすごくに入りました。

そこの分地自体がしたい区域で、土地をある程度余裕を持たせないといけなかったり、高さ制限もあり、近くに学校があるので俗店も建たないだろうという事でした。

段も少しだけおまけしてもらえ、家具もいくつかつけてくれたので、すぐにそこでの入をめました。

今までなかなかここ!!という家がつからなかったので、出会えたことに感しました。

途中でめなくて良かったです。

果的に私たち夫での結論は、京都で家をうときに注意すべきは とても狭いわりに段が高い だけ中古でりに出ている所は、周辺環境をよくること 仲介者が大丈夫な所か調べておくこと(京都は地域によって色んな暴力団関係者があるので)

そしておすすめは、地元密着型の大工さんのいる建築業者でいてるところ です。

住みはじめた今でも、家の壁の小さなや、設備で分からないことがあればその建築業者さんにいて、直しにきてくれたり相にのってくれたりもします。

もちろんロンはありますが本当にこの家をって良かったです。

関連記事

中京区

中京区

中京区の特徴 オフィス街や京都市役所、京都文化博物館に二条城と、京都の経済・文化の中心部として機能

記事を読む

no image

契約時に渡される重要事項説明書とは?

不動産を買う際には売買契約を、借りる際には賃貸借契約をする必要があります。 そしてこれらの契約時に

記事を読む

no image

部屋を借りる際にお得に出費を押さえる方法

部屋を借りて引越しをする時には、初期費用がかかります。 この初期費用はなるべく安く済ませたいもので

記事を読む

北区の画像

北区

北区の特徴 京都市を構成する11区のひとつである北区。北部は山間地ですが、残りの平野部は住宅地を中

記事を読む

ペット可能物件

ペット可能マンションで気をつける事

ペット可マンションの注意項目   ペット可マンションはペットの飼育がマンションの管

記事を読む

左京区の空撮画像

左京区

左京区の特徴 観光客で賑わう銀閣寺や平安神宮等、神社仏閣の多い左京区。 住居専用地域として高

記事を読む

no image

京都は特別、地域と気候を必ず下調べをしてから購入を。

家を購入するときには、いろいろ気をつけることはたくさんありますが、特に京都だからこそ気をつけなければ

記事を読む

no image

仲介手数料を無料にするには交渉が大事

賃貸物件を借りる際には、不動産会社に仲介手数料を支払うことが一般的となっています。 賃貸借契約は、

記事を読む

no image

大家族でも使い易い間取りは?

日本では大家族が減っており、核家族、一人暮らしが当たり前の世界。もちろんのこと 住宅環境も大家族に

記事を読む

下京区

下京区

下京区の特徴   下京区は京都市内のメインとなる繁華街があります。 &nbs

記事を読む

no image
単身の人が住み易い環境は?サービスを比較!

規模の大きな会社に勤めている場合、転勤を命ぜられることがしばしばありま

no image
契約時に渡される重要事項説明書とは?

不動産を買う際には売買契約を、借りる際には賃貸借契約をする必要がありま

no image
良く部屋探して聞くわけあり物件とは?

部屋を探す上で、賃貸でたまに聞く事があるわけあり物件ですが、多くの人が

no image
賃貸で良く聞く管理物件ってなに?

季節の節目などは引越などが多くなり、不動産屋も忙しくなる時期です。特に

no image
仲介手数料を無料にするには交渉が大事

賃貸物件を借りる際には、不動産会社に仲介手数料を支払うことが一般的とな

→もっと見る

PAGE TOP ↑