学生マンションは安い?普通のマンションとの違いやメリットを紹介します!

学生マンションは安い?普通のマンションとの違いやメリットを紹介します! 学生の部屋探し

大学生がこれから住まいを探す際には選択肢として学生マンションを検討してみましょう。家賃が安いというだけではなく、他にもさまざまなメリットがあります。それでは学生マンションについて詳しくみていきましょう。

1.学生マンションとは

学生マンションは安い?普通のマンションとの違いやメリットを紹介します!
学生専用のマンションのことです。大学の近くに立地していて、学生のみが入居できます。そのため、入居する際には学生であることを証明する必要があります。一般的なマンションには一人暮らしのサラリーマンやOLからファミリー、高齢者までさまざまなタイプの人たちがいます。学生マンションの場合は学生のみが生活していて、メリットがたくさんあるのです。大学の中には学生マンションと提携しているところもあります。大学が紹介してくれるケースも多いです。

2.学生マンションのメリットとデメリット

学生マンションにはどんなメリットとデメリットがあるのか紹介しましょう。

2-1.学生マンションのメリット

学生マンションは学生しか生活していない点がメリットといえます。そのため、隣に誰が住んでいるのか不安を感じる必要はありません。中には女性専用の学生マンションやフロアごとに男女の部屋が分かれているマンションもあります。防犯面で安心して生活できるのです。

学生マンションは賃料が安いのもメリットです。学生が借りることを前提としているため、家賃設定は相場よりも低くなっています。そのため、両親の収入があまり高くなく、家賃に負担をかけることができない学生も安心して契約できるのです。

立地が恵まれているのもメリットです。学生マンションは大学の近くに位置していることが多いです。近くにはスーパーやコンビニ、ドラッグストアなど便利な施設が集まっています。駅やバス停の近くに建てられているケースもよくあります。恵まれた立地にあるにもかかわらず家賃が安いためお得です。

2-2.学生マンションのデメリット

学生マンションのデメリットは、騒音に悩まされるケースがあることです。大学だけが生活しているため、どこかの部屋で宴会が始まることがあるかもしれません。毎日のように部屋に友達を呼んで騒ぎ出す可能性もあります。騒音に関するトラブルに巻き込まれるケースに注意しましょう。

物件数があまり多くないのもデメリットです。そのため、選択肢が限られてしまい、自分が希望する条件が揃った物件を見つけられないかもしれません。どこかで妥協しなければいけないケースがあるのです。

学生マンションといってもピンからキリまであります。そもそも、学生マンションに明確な定義があるわけではありません。そのため、学生マンションと名乗っていても学生以外の人が住んでいるケースもあります。名ばかりな学生マンションと契約するリスクがあるのもデメリットです。

3.学生マンションの注意点

学生マンションを借りる際には、きちんと細かな点を調べておくことが大切です。本当に学生のみが生活しているのか、家賃は地域の相場と比較して安いのか、住民のマナーは良いのかといった点を調べましょう。大学に紹介してもらう場合は、実際に学生マンションで暮らしている学生から話を聞けるケースもあります。内見の際にはきちんと管理されているのかもチェックしましょう。自転車乗り場やゴミ捨て場をチェックすると住民の質をある程度見極めることができます。

また、学生マンションだけではなく普通のマンションも候補に入れておきましょう。総合的に考えて学生マンションが自分に適しているかどうか考えるべきです。

4.まとめ

学生マンションは安いことをはじめいろいろなメリットがあります。これから学生が暮らす場所を選ぶ際には選択肢の一つとして検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました