キッチン周りのリノベーションに掛かる費用は?

部屋探し豆知識

リノベーションへ至るまでの経緯

30で初めてマンションを購入して、40までの10年間、買い替えを3回繰り返し、みんな買った額よりも高く売れたおかげで、500万円の資金を作り、やっと念願の一建てを購入する事ができました。

以前、買い替えている途中に住んでいたいマンションがあった地域で、人通りも少なく、も多く、ずっと住むならまたこの辺がいいな?と、ざっくり考えていましたが、ちょうどその辺りで物件が見つかったので購入しました。

都心に近い高級住宅街の為、広い家は買えず、自分の資金力ではやっと20坪かけるくらいの中古住宅しか購入する事ができませんでした。

リノベーション箇所の選定

中古住宅でも、以前住んでいた方が、8年前くらいにフルリフォームしてあったので比較的綺麗でしたが、中身は築33年。外壁も薄汚れ、壁紙、トイレ、洗面、キッキンなどなど、になるところはいっぱいありましたが、子供も2人いるために、二階の部屋を間取り更する事にしました。

リノベーションのお見積もり

そうすると、500万円の資金を使ってどこを直そうか?と、思いましたが、そうは行かず、諸費用などで半分持ってかれてしまい、250万円で、リフォームする事になりました。

まずは、間取り22部屋あるところを、3部屋にやし、夫婦と子供それぞれの部屋を作りました。

次にトイレ。壁紙の張り替え、外壁塗装、屋根の塗装、ベランダの防水。これがリフォームの容でしたが、妻からの要望で、どうしてもキッキンのリノベーションをして貰いたいという事で、業者にお願いしました。

しかし、リフォーム代金安くても50万円ほど、良いもので150万円くらい。

リノベーションをする箇所を選定し費用を抑える

キッチン周りのリノベーションに掛かる費用となると安くても150万円、高ければ、500万円以上と幅があり、業者の人には、何かを諦めないと、キッキン周りのリフォームどころか、リノベーションは難しいですね。

と、バッサリ切り捨てられてしまいました。

キッチンもまだ使えるし、クリーニングして使ったらどうですか?

という事だったので、ひとまずそのまま使う事にしました。

3った今では、一度コンロだけ交換しましたが、何の不具合もなく使えてるので、次建て替える時まで辛抱して使いたいと思います。

結論としては、資金を持っていないとリノベーションは難しいというのと、そこだけ直しても、その周りもにってるはずなので、それ以上の費用がかかるはず?

と、いう事がわかりました。

もしやるのなら、全部解体して立て直すか、リノベーションしてしまうほうがキッキンだけリノベーションよりも、割安なのではと思います。

次は、建て替え目標で頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました