家族世帯の電気代、水道代の節約方法について

部屋探し豆知識

家族がえると然のことながら、家計のやりくりが大になります。将来を考えて子どもの学費の準備も必要ですし、万一に備えての貯蓄も必要になります。

車や家のローンがある場合には、そのような貯蓄も間々ならない況かもしれませんね。そこでぜひ討していきたいのが、家族世の電代、水道代の節約方法です。

も水道も日々の暮らしには欠かせないものですが、意外と無駄に使っていることがあります。

また少し使い方を工夫することで、その料金の節約が可能となるケースもあるのです。

今回はそんな電代と水道代の節約方法を詳しくみていきましょう。

電気代金の賢い節約方法 一つ目

まずは、電代についてです。

代の節約方法は大きく分けて四つあります。一つは、最近話題になっている電力会社の見直しです。

電力自由化に伴い、自分の家に相しい電力会社を選べるようになりました。これにより年間の電代を大きく節約できる可能性がありますから、になる方は情報集して討してみましょう。

電気代金の賢い節約方法 二つ目

二つ目は、こちらも電代節約でぜひ討したい方法ですが、節約型の電化製品への買い替えです。

庫やエアコン、炊飯器や電子レンジや照明器具など、電代がになる家電品で古いものをそのまま使っている場合、最新の省エネのタイプに買い替えることで年間の電代が確実に節約できます。

タイミングを見て討したい節約術ですね。

電気代金の賢い節約方法 三つ目

三つ目は、日々を付けたい節約方法です。

一番電代がになるのはエアコンですが、設定温度を見直すことや夏場の扇風機との併用などで節電が可能です。

そして知っておきたいのが、エアコンの間違った知識です。

代の節約のため、こまめにオンオフする人がいますがこれは逆に電代が掛かる可能性が高いのです。

温度の上げ下げの調整により電が使われますから、そんな習慣がある人は自動運転を上手に利用してみましょう。

年中付けっぱなしの冷庫の電代もになります。

食品の詰め過ぎや頻繁な開閉はを付けたいものです。また季節にじて温度の調節を行って電代を節約しましょう。

さらに冷庫の設置場所が壁や家具に近すぎると放熱ができずに、余分な電を使っている可能性がありますからチェックしてみましょう。

その他、不必要な照明や見ていないテレビのオフなどによる電代の節約は必須です。

電気代金の賢い節約方法 四つ目

代の節約方法の四つ目は、これから住まいの購入を考えている場合の提案です。

最近は、オール家電や太陽光を利用した省エネ住宅に注目が高まっています。長い目で見た電代の節約方法として、討してみるのも良いでしょう。

水道代金の賢い節約方法

一方、水道代の節約方法は、日々の使い方の見直しや節約に役立つ道具の利用が主流となります。

水道代が最もかさむお風呂の場合は、湯につかる水量の調節で日の水道代がかなり節約できそうです。

また、り湯を洗濯に使うことも大きな節水にがります。さらにシャワーのヘッドを節水型にえることも、ぜひ討してみましょう。

これはキッチンや洗面所などの蛇口も同です。そしてトイレの場合は大小で流水量が違いますから、その使い分けができていない場合はを付けましょう。

まとめ

以上が、電代や水道代を節約するための主だった方法です。家族世の場合は電も水道も使う量が多くなりますから、ぜひ上記のような節約方法を討して、家族みんなで意識を高めて取り組んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました