*

契約時に渡される重要事項説明書とは?

公開日: : 最終更新日:2019/04/24 不動産契約

不動を買う際には売買契約を、借りる際には賃貸借契約をする必要があります。

そしてこれらの契約時には、必ず重要事項明書が渡されます。買い手や借り手は、この容をしっかりと把握した上で、契約書に署名捺印をする必要があるのです。

重要事項明書とは?

これは簡に言うと、取引の象となる不動の詳細情報を記した書類です。

具体的には重要事項明書には、不動の場所や広さといった基本的な情報や、建築時の概要、設備などについて記載されています。もちろん格や家賃といった金面についても、明記されています。新婚さんがお部屋を借りる際にはこちらの記事を確認してくだい。

これらをしっかりとみ、ひとつひとつの容に納得できた場合にのみ、売買契約や賃貸借契約をすることになるのです。

重要事項説明書に同意する前はキャンセル可能

もちろん、重要事項明書の容に納得できない点がある場合には、契約をキャンセルできます。

逆に言えば、契約した場合には、重要事項明書に完全に納得したとみなされます。その場合は、後に納得できない部分が出てきたとしても、基本的に異議を申し立てることはできません。

たとえば賃貸物件の場合、有部分と認識していた部分が共用部分だったと、住み始めてからづくこともあります。こういった点は然、重要事項明書にしっかりと記載されています。それにもかかわらず借り手が誤って認識していたわけですから、たとえ改善を要求したとしても、通ることはまずありません。

関連記事

記事はありませんでした

京都の部屋
駅徒歩20分の物件魅力は?

賃貸物件を探す時には、最寄駅からどれくらいの距離なのかを重視する人もい

京都の部屋の画像
駅近物件の魅力は多数あります

住まいやオフィスなどの不動産の購入や賃貸を希望している人の多くが、駅近

下京区
単身の人が住み易い環境は?サービスを比較!

規模の大きな会社に勤めている場合、転勤を命ぜられることがしばしばありま

中京区
契約時に渡される重要事項説明書とは?

不動産を買う際には売買契約を、借りる際には賃貸借契約をする必要がありま

上京区の画像
部屋探しで良く聞く、わけあり物件とは?

部屋を探す上で、賃貸でたまに聞く事があるわけあり物件ですが、多くの人が

→もっと見る

PAGE TOP ↑