京都市左京区の賃貸アパートにかかる礼金ってどう考えたら良いの?

京都市左京区の賃貸アパートにかかる礼金ってどう考えたら良いの? 京都市左京区 不動産物件

京都市左京区の賃貸アパートを借りたいと思っているときには初期費用がいくらかかるのかが気にかかることがあるでしょう。礼金はどのくらいの相場になっているのでしょうか。賃貸契約における礼金の位置付けについて理解してお得にアパートを借りられるようになりましょう。

#京都市左京区での礼金相場

京都市左京区での賃貸アパートの礼金は家賃1ヶ月分というケースが大半を占めています。家賃2ヶ月分という物件もありますが、それ以上のところはほとんどありません。また、礼金がかからない賃貸アパートも多いので、初期費用を抑えたいときには魅力的な候補にできるでしょう。

#礼金とはそもそも何か

京都市左京区の賃貸アパートにかかる礼金ってどう考えたら良いの?
礼金とは物件を貸してくれるオーナーに対してお礼の気持ちを込めて渡すお金です。日本では歴史的には賃貸市場が売手市場だったため、オーナーへ礼金を支払うというのが当然でした。今では必ずしも売り手市場とは言えない状況にありますが、慣習に従って礼金を設定している賃貸アパートが多く、京都市左京区についても例外ではありません。

##礼金を払うメリットは借主にはない

礼金を払うメリットは実は借主の方には何もありません。入居するときにまとめてお金がかかってしまうので負担になるだけなのです。預かり金としての意味を持つ敷金のように退居時に返金されるわけでもないので、礼金はない方が借主としてはありがたいと考えられるでしょう。

#礼金なしのアパートは本当に良いのか

京都市左京区には礼金無料の賃貸アパートがたくさんあるのでその中から選ぼうと考えるのはもっともなことかもしれません。ただ、礼金無料という物件に限定してしまうリスクもあるので気をつけましょう。

##人気がない物件のこともある

特に築年数が古くて長らく賃貸経営に使われてきたアパートならもともと礼金が設定されていた場合が多いでしょう。そのままにしておいた方がオーナーの利益は増えるので、礼金をゼロにしてしまったのは何か理由があるからだと考えなければなりません。空室対策として礼金をなくすというケースが多く、あまり人気のない物件の可能性があります。何か問題点があるのではないかと疑う気持ちを持ってアパートの良し悪しを吟味するようにしましょう。

##礼金ありの方が魅力的なこともある

仮に2年間の賃貸契約で家賃が12万円のアパートで1ヶ月分の礼金を求められていたら、1ヶ月あたりの礼金は5000円だという計算ができます。もし家賃が12万5000円の物件で礼金無料という物件があったら実質的な負担額は同じです。比較してみると12万円のアパートの方が良いというのなら礼金があるアパートを選んだ方が良い可能性もあります。

#トータルで考えて選ぼう

京都市左京区では礼金が家賃1ヶ月分か無料という賃貸アパートが多くなっています。貸主にとっては礼金はない方が良いのは確かですが、礼金無料の物件にこだわってしまうとより良いアパートを見逃してしまうかもしれません。初期費用として負担できるのならトータルでかかる住居費という考え方で比較してより良いアパートを選び出すようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました