京都市左京区で賃貸アパートを探すときの注意点

京都市斎京区で賃貸アパートを探すときの注意点 部屋探し豆知識

京都は歴史ある古い建物と、近代的な建物が上手く共存している日本でも有数の魅力的な県です。京都に住むことにあこがれを抱き、実際に賃貸物件を借りようと考えている人も居るのではないでしょうか。京都市左京区で賃貸物件を探す際に気を付けなければいけない点をチェックしておきましょう。

京都ならではのローカルルールをチェック

京都市斎京区で賃貸アパートを探すときの注意点

賃貸物件を借りる際にはさまざまな初期費用が必要だという事は賃貸を借りようとしている人ならばすでに知っていることですが、身体を契約した際に支払うお金に関しては地域ごとに独自のローカルルールというものが存在します。このローカルルールをしっかりと理解しておかないと、予想以上にたくさんのお金が必要になってしまうかもしれません。

賃貸物件を契約した際、首都圏をはじめ一般的には「敷金・礼金」を支払うことになりますが、関西地区の場合は「敷金・礼金」という方式ではなく「保証金・敷引き」という方式が採用されています。しかし同じ関西でも地域によってルールが異なっていて、大阪の場合は先ほど紹介した「保証金・敷引き」方式になっているのですが、左京区がある京都の場合は東京などと同様に「敷金・礼金」方式となっているのです。

一般的には「保証金・敷引き」方式よりも「敷金・礼金」方式のほうが礼金が必要になるだけ同程度の賃貸物件でも初期費用が高額になることが多いため、大阪から京都に引っ越してきた人の中には初期費用の高さに驚く人も多いです。
更に大阪や兵庫では更新料が発生しませんが、京都では東京と同じように「敷金・礼金」方式を採用しているために更新料が2年ごとに必要となる点にも注意しましょう。

賃貸物件を探す際の注意点

そのほか、賃貸物件を探す際にもいろいろと注意点があります。まず賃貸物件は京都市左京区だけを見ても数えきれないほどあります。何も考えずにやみくもに物件をチェックしても、どの物件が良い物件化良くない物件かわかりません。

そのため自分が借りようとしている賃貸物件に求めているものは何かをピックアップしておきましょう。ピックアップした条件をたくさん満たしていればいるほど、その物件は自分にとって良い物件となります。

そして家賃の上限設定もとても重要です。家賃の上限を設定することによって、実際に住むことになった際に家賃の負担を感じなくて済みます。家賃の上限設定は人によりますが、だいたい月の収入の3分の1以内にしておくのが一般的です。

タイトルとURLをコピーしました