仲介手数料無料の不動産会社にはメリットとカラクリ

仲介手数料無料の不動産会社にはメリットとカラクリ 部屋探し豆知識

仲介手数料について

不動産を購入、売買した時や賃貸物件を契約したときには仲介背数量というお金が発生することがほとんどです。不動産を売買する時にも、賃貸物件を借りるときにも、条件に合った部屋を探したり、内覧をしたり、契約に必要な書類をそろえたりとさまざまな手間がかかりますが、そういった準備をすべて行ってくれるのが不動産会社です。

仲介手数料というのは自分が住みたい物件を契約する際にさまざまなサポートをしてもらったことに対する手間賃として支払うお金です。

仲介手数料は不動産会社にとっては貴重な収入源なので契約の際に値引きをしようと思っても安くしてもらう事は難しいです。それくらい不動産会社にとっては 大事なお金のはずなのですが、不動産会社の中にはこの仲介背手数料を無料にしてくれるようなところもあります。

仲介手数料が無料になることのメリット

仲介手数料無料の不動産会社にはメリットとカラクリ
仲介手数料が無料になることによって不動産を売買したり、借りたりする側が得られる最大のメリットは、いうまでもなく初期費用を少なくできるという点です。不動産を売買する際にも、賃貸物件を借りる際にもさまざまな初期費用がかかりますが、例えば賃貸物件の場合は仲介手数料の相場は家賃の半月分となっていて、初期費用の中でもかなりのウエイトを占めています。

これがまるまる無くなるというのは、お金を支払う側からすればやはり大きなメリットになることは言うまでもありません。

仲介手数料無料の物件のカラクリ

仲介手数料無料だと、不動産会社には儲けが一切ないように見えますが、実際にはそのようなことはなく、仲介手数料無料の物件を紹介してもきちんと利益は得られるカラクリになっています。

仲介手数料無料の物件には大きく分けて2つの種類があります。1つは「不動産会社自体が所有している物件」です。

不動産会社が大家の立場になるわけですから、例えば賃貸物件の場合は入居さえしてもらえば家賃という形で収入を得ることができます。したがって空室のままになっているよりは仲介手数料を無料にしてでも誰かに部屋を借りてもらったほうが結果的に利益を得ることができるのです。

もう1つのパターンは「大家側が全て負担している」というパターンです。

仲介手数料の相場は家賃の半月分だと説明しましたが、残りの半月分は実は大家側が負担しています。先ほどと同じ理由になりますが、大家側の立場としては空室のままよりも誰かに部屋を借りてもらったり、物件を購入してもらったほうが利益を得ることができるので、仲介手数料を全額支払って少しでもお得感を出そうとしているのです。

タイトルとURLをコピーしました